高低差

 

太陽光発電を野立てで行う場合、土地の条件は様々です。

農地だった場所や今は使用していない土地を造成し、

太陽光発電の架台組みからパネル載せを行っていきます。

 

タケイエナジーは架台組み時スクリューを採用しており

墨出しを行い、それを基にスクリューの杭打ちを行っています。

 

P1000451

 

少々分かり難いかもしれませんが、

写真の土地は斜面になっており段差のある土地です。

 

地形の問題でせっかく設置出来る場所を不必要にあけてしまっては勿体ないですよね。

架台を設置する際にスクリューならば高低差のある地形でも前後の高さ調節が可能です。

 

どのような土地でも一枚でも多くの太陽光パネルを載せる事が出来るように

臨機応変に対応できるよう努めております。

Page Top