太陽光の施工、パワコン接続

中津川市中村のN様の現場で、本線引きからパワコンの接続を行いました。

 

今回はケーブルがPF管に入っているところからの写真しかなくて申し訳ありません。

PF管内部に水が入らないように、架台に沿って折り曲げながら固定していきます。

DSC_0797

 

 

ほんの少しでも電気のロスを減らす為、柱の根元からパワコンまで最短距離で配線を行います。

ですが、今回のような段差がある場合には、ケーブルとPF管に重さで負荷がかからないように

段差に合わせて固定します。

DSC_0798

 

 

段差を登ったところからは真っ直ぐに固定していきます。

DSC_0786

 

すべての配線が集まったパワコン付近の写真がこちらです。

DSC_0795

 

 

本線をキレイに固定したら、次はパワコンへの繋ぎ込みをします。

 

作業途中の写真はありませんが、間違えないようにビニールテープで色分けしながら作業します。

要領書により、出口から15センチ以上配線を残し、丸みをつけてブレーカーへ繋ぎます。

終わったらテスターで電圧を測り、ミスがないか確認します。

DSC_0780

 

 

今回のお客様もひだまりeyesを付けさせて頂きました。

先日のブログで紹介させて頂いた通り、パワコン本体のまん中にある差込口に

LANケーブルをさして、全てのパワコンを一繋ぎにします。

DSC_0785

 

 

蓋を閉めて、今日の作業は終了です。

 

 

タケイエナジーでは、安心安全で、より発電することを常に考えて施工しています。

興味がある方はぜひご連絡下さい。

Page Top